先日イギリスより輸入した革で個人用+次期試作品としてキーケースを製作しました。

という事で定番品のミニサイフ付キーケース(KMW-01)の別タイプ、というよりも旧型作図で作った製品です。

IMG_8602


表側には英国ベイカー社フルグレインブライドルレザー オーストリアナッツを外装に使用しています。
外装カラーはオーストリアナッツですが、ベルト部分はダークステインカラーを使用しています。

よーく見ると、ベルトの方は少し薄めの色になっています。

また内装には懐かしの伊MPG社のオイルドヌメを使用してます。これエイジングが半端なく色変化が生じます。

IMG_8604

さて金具ですが、今回はこちらをチョイスしてみました。

IMG_8592
IMG_8590

アミエット社のキー金具です。人気もあり造りもしっかりとした金具なのですが…、メーカーが廃業しました。

いい物を作るメーカーがどんどんなくなっています。運よく輸入した後だったので、しばらくの間は在庫はあるのですが、無限ではないので別の金具を探さなければなりません。

とりあえずは今回はカシメ式の4連 アンティーク色をチョイスして内装に取り付けします。

同じくアンティークカラーの両面カシメを使いますが、足側の方は平面プレートを使用して平頭にします。

IMG_8595

こうするとある程度革の厚みがあればカシメが埋まりこんで引っかかりが無くなります。

これが今回の改良でもあるのですが、これまでの物はキー金具用に革パーツを別にしていました。

IMG_8165

この時は片面カシメを使用していたのですが、カードを入れる際に引っかかる部分があり、別パーツにしていました。

しかし、両面カシメなら平面に潰しても縁は曲面を描いているのでカードを入れても大丈夫じゃないか?とか思い、カード入れになる部分に直接キー金具を取り付けて様子を見ようと思います。

IMG_8593

また小銭入れの方には朝日ファスナーのWALDWSのブラック×カーキを使用しています。

これは自分様なので通常はYKKのY-Zipファスナーを使います。

IMG_8607

これも使うにつれ黒色が剥げて地金の色合いが出てくる渋いファスナーです。

全体の仕上げとしてコバ部分は整えた後に染色して磨き上げ処理剤を塗布して防染しています。

IMG_8610


また改良型の最大変更点ですが、ホックを内装側ではなく外装側にベルトとして留めるようにしています。

このホックをアイレットホックを使用してデザイン性も兼ね備えたものにしてみました。

IMG_8612

このベルトタイプの利点は、内装側でホックで留めていた時はファスナーの擦れを少なくするためにホックの止め位置をわざとずらして、非対称な高さになるようにしていました。

下の写真のようにカード入れ側のホックベルトが長くなっています。

IMG_8436

ですが、これが意外と製作時にめんどくさいです。わざわざ3~5㎜程度ずらして製作すると、途中でどっちがどっちだ?となったりしますし、デザインとしてもいまいちです。

あと内装側にホックがある=キーケースの容量が減る、という事になるのでこの点も問題です。

という事でそもそもホックなしにする、もしくは外装側にシステム手帳のようなベルトかホックを取付するデザインを以前から構想してはいたのですが、少し問題が…

実は試作品などを製作して意見を募ったりしていた時にある指摘がありまして、某メーカーさんにそっくりのようだと…、で教えてもらったメーカーの見たら、確かにそっくりですわ。

実物を見たわけではないのですが、写真を見る限りよく似ているし、コンセプトも(中川工房製のはこれ一つあればコンビニや通勤に間に合う)ほぼ同じだと思います。

そうなると、パクったのか?という問題も出てくるわけで、どうしたもんだろうと思って途中から試作品や習作の時は内装ホックで製作していました。

ですが、やっぱり作りにくいしデザイン性も悪いという事で本来の構造に戻そうと思います。

念のため、意匠登録や特許など可能な限りで調べて、同様の物は登録されていないようですので一般的デザインの範疇にあると判断しました。

記録として、このキーケースがどういった開発経緯を辿ったのかという事は以下のブログで記載しています。



あと分かりやすく残っている試作1号~最新型のキーケースを並べてみます。

左から端材で作った初期型、試作耐久試験用小銭入れ付キーケース、正式販売用(内装ホック型)、今回製作したキーケースになります。

IMG_8614
IMG_8616
 
最後の方は言い訳だらけな紹介ですが、一応これでミニサイフ付キーケースの開発を完了にしたいと思います。

今のところ新型は販売していませんが、内装ホック型の習作をかなりお買い得にヤフオクに出しています(本来の価格を考えたら半額近いです)

旧型の習作でもよければ、そして気に入っていただければご購入していただければ嬉しいです。

ちなみに新型をフルグレインブライドルレザー(内装は別革の場合有り)だとヤフオクで送料込みで8800円位で製作可能です。

ただ、キー金具の仕様や使う革などによって価格は多少前後します。


他にも色々とレザークラフトで作ったものやたまに掘り出し物なども出していますので、よろしければご覧ください。

また、出品予定もしくは出品中の物はブログからご連絡いただければ、直接販売もできますので、ご希望の方はどうぞ。




こちらのリンクはヤフオク出品中一覧へとリンクしています

それではまた