今回は出品に当たり、エイジングがそれぞれでどのような感じが教えてほしい、という質問があり、その際に比較していただく用のページとして製作しました。

扱っている革はヌメ革(タンニン鞣し)の性質で使用につれて写真のように色が大きく変化します。

eb4b52a8.jpg


紹介する物は今までに扱った革ですので、在庫のない革や今後革の種類が増えたりするかもしれません。

また、サンプルですので、必ずしも同じようにエイジングするとは限りませんので、ある程度の目安としてご覧ください。

基本的にエイジングサンプルを作るときは、オイルアップをしたのちに、実使用を想定して、爪で引っかいたり、雨が降ろうが雪が降ろうが外に3~4日ほど置きっぱなしにして、その後の状態を写真に撮っています。

ただし、雨に1日以上あたっていた場合は陰干しした後にオイルアップをしています。


2/8 馬ヌメ プルアップ・ホースバット版 オレンジブラウン 追加
2/12 栃木レザー サドル ナチュラル・チョコ 追加
5/2 バッファローヌメ ナチュラル・モストロ ワイン #374 追加
9/12 モストロ ワイン #374 別写真を追加
ミヤツグオリジナルレザー モストロ #374

化ける革「モストロ」のワイン系になります。ロットによって色が違いますが、在庫にあるのは深みのあるワイン色に近い物です。

最初は吟面のロウによって白っぽく、そっけない表情ですが使うと艶・オイル化けが出て名前の通り化けてきます。

サンプルは日光に当てたものではなく1年以上実使用した物との比較になります。

IMG_5092
IMG_5095

上の写真は屋内でのエイジングのため、屋外想定のエイジングを製作しました。

小さな革が表面をティッシュでこすっただけの物、大きな革がその後に日光に当てオイルアップもした方のエイジングサンプルです。

ブックカバーのエイジングに比べ色がかなり濃い目に変化したことが分かります。またこの状態で揉みくちゃにするとオイル化けもしっかりと出るので「モストロ」な革です。

IMG_5933
IMG_5938
IMG_5959

バッファローヌメ

独特のシボが特徴のバッファローレザーです。

ナチュラル色ですがエイジングするとキャメル色になります。牛革の中でも変わった感じの革を持ちたい方にお勧めです。

IMG_5089


栃木レザー サドルレザー ナチュラル

IMG_4799

栃木レザー社のサドルレザー ナチュラルです。一番基本的な革ともいえます。

エイジングはご覧ととおりキャメル色に変化するのと艶が出ます。表面をひっかいても跡が残るのみで吟面がえぐれるような傷にはなりにくいです。

栃木レザー サドルレザー チョコ

IMG_4797

栃木レザー社のサドルチョコです。ナチュラルと同じように革らしい革と言えます。

エイジングの具合は濃い目の色合いのため大きな色変化はありませんが、すこし落ち着いた色合いに変化するのと艶が出てきています。

他のサドルレザーと同じくキズに強めな革です。


馬ヌメ プルアップ

IMG_4779

大阪で購入したホースヌメです。オイルを含んでいるので、曲げたりするとオイル化けが出ます。

色合い的には少しヴィンテージ風の色合いなので、古風な物を持ちたいという方にお勧めです。

色の変化は少し濃い目のブラウンに変わりますが、揉みくちゃにするとまた大きな変化が起こるので面白いです。

新喜皮革 ホースバット版 オレンジブラウン

IMG_4782


新喜皮革さんで購入したホースバット版です。たまにコードバン層を含んでいたりして同じ革でも場所によって質感がかなり違います。

色変化としては赤が強めの茶色といった感じです。写真ではなかなか色移りが悪いのですが、実物はいい色合いですよ。

栃木レザー サドル ネイビー

イメージ 20

栃木レザー社のサドルレザーです。グレージング処理されているので吟面は艶が出ています。

濃い目のネイビーですが、エイジングするとナイトブルーに変化します。

深い色合いなので落ち着いた色調を探している方にはお似合いだと思います。

イメージ 22

上の写真のサンプルを窓近くに放置していたら約半年たってこんな色合いに変わりました。

色目的には濃カーキといったところです。まさかの2段階変化になりました。

恐らく時間がたって皮革中のタンニンのエイジングが進み、黄~茶色が足された結果、緑系の色合いになったものと思われます。

クラフト社 サドルレザー ナチュラル
イメージ 21

クラフト社のサドルレザーです。

以前栃木レザーのサドルナチュラルを使ったことがありますが、それに比べるとエイジングによる変化が大きいのと革そのものがしなやかな気がします。

エイジングによる変化は見ての通り、キャメルへとしっかりと変化します。


トーマス社 ブライドルレザー タン

イメージ 19

ブライドルレザーのタンなので、色変化が大きいです。途中で雨にぬれたりしましたがあまり影響はなさそうです。

真ん中の白い筋は折り曲げによるオイル化けです。ブライドルレザーとしては色変化が大きく、革のエイジングを楽しみたいという方にはおススメです。

ラティーゴ キャメル(在庫なし)
イメージ 1

色の変化が分かりやすいですが、オイルアップの際に吸い込みが激しくて、失敗するとただのオイル染みになりやすい革です。

HERZさんに以前卸していた業者さんから購入していました。


サドルレザー ダークブラウン (LeatherCraft.jp)

イメージ 2

使い倒しても丈夫な革です。変化としては色変化と艶がありますが、爪で傷つけてもあまり目立たず、ハードな使用に使える物です。

オイルアップすると表情が変わるという点もあります。

色のせいか、あまり人気がないのですが、価格は高めで、以前に安めに購入できたので実は革の質からするとお買い得になっている。

モストロ キャメル
イメージ 3

表面が最初白っぽいのは、一枚一枚に仕上げにロウを手塗りしてあるから。

使ううちにロウが中に染み込み、若干の色変化と非常に艶やかな表情が出ます。

プルアップなのでオイル化け(曲げた際の白っぽい変化)も出て、使えば使うほど「化ける」ということで、モストロという名前が付けられたそうです。


ホースレザー(新喜皮革)

イメージ 4

掘り出し物で見つけてきたホースレザーで、タンニン鞣しは少し珍しかったもので購入。

色変化などの傾向的にはラティーゴに似ているが、オイルアップやエイジングはしやすい。

馬革なので、同じ厚さの牛革より軽く、丈夫。しかし、走り回る性質上、キズなども多めです。

ルガトショルダー キャメル限定色
イメージ 5

ある革屋さんが試験的に作ってもらったらしいルガトショルダーのキャメル色。

エイジングすると落ち着いた色に変化するが、いくつか同じ条件でも、全く違う色変化している物もあり、今後サンプルを変えて試験してみます。

イメージ 17

携帯のストラップで使っていたルガトショルダーです。上の物と比べ少しオレンジ味が出た色変化になりました。

表面のトラやしわなどの杢が特徴です。

プルアップレザー 赤
イメージ 6

完熟トマトのような赤色の革です。エイジングすると若干暗めの色合いに変化します。非常に柔らかく、艶も強く出ます。

プルアップなのでオイルアップせずともよく、オイル化けも出るので、女性などあまり手入れを良く知らない方でもお勧めです。意外とここまでのしっかりした赤がない為か、人気があります。


イタリアンレザー cuoificio MPG社 オイルドヌメ
イメージ 10

 
掘り出し物で見つけた革です。イタリア植物タンニン鞣し協会推薦のタンナー「cuoificio MPG」社製のフルベジタブル/ピット槽鞣しのバケッタレザーです。

最初はオリーブグリーンに近い茶色ですが、エイジングにより艶が増し、赤みのある濃いチョコ色に変色します。

樹木から抽出する植物タンニンを100%使い、職人が手仕事で1枚1枚じっくりと革に浸透させて鞣し、牛脚オイルでたっぷりと加脂する製法で、化学薬品を 使わないので脂が浸透しにくく加工に時間がかかりますが、仕上がった革は繊維の奥までオイルが染み込んでいるので加脂したオイルが抜けにくく、使い込むほ どに表面に艶を与え、柔軟性、深みと風合いが増していきます。


栃木レザー オイルシュリンク キャメル
イメージ 11

栃木レザーでピット槽鞣しで製造された革です。オイル加工後に空タイコでこなして、自然なシボを出しています。

部位によってシボの入り方が違うのも特徴で、一つとして同じものはありません。また、オイル加工によって厚みの割には柔らかいのも特徴です。元厚4.3㎜ほどの物を漉いて使用しています。

エイジングの結果としては、良い色艶と赤茶系への変化があります。ラティーゴのキャメルに似た傾向にああります。


栃木レザー 素上げ グリーン
イメージ 12

鞣した後の染色後、特に吟面への加工をせずに仕上げた革です。

もっとも革らしい表情でもありますが、
ナチュラルマーク(キズや穴、血筋、毛穴等)がそのままの状態で出ます。

元厚3.6㎜ほどの物を漉いて使用していますが、オイルシュリンクに比べサドルレザーと同じぐらいのハリ、コシがあります。

もとの色合いも渋めですが、さらにエイジングの結果としては渋めのカーキ~茶色の変化となります。落ち着いた色調が好まれる方にお勧めです。


ラティーゴ チョコ
イメージ 13

以前HERZさんに革を卸していた問屋さんから購入しました。

3mmほどに漉いた物を使用していますが、非常に硬く、曲げるのも少し力が要ります。

半面、丈夫さという面では非常によく、とにかく固く丈夫な物をお探しの方にお勧めです。

エイジングは赤みが薄れ茶系への変化と当たり部分への艶が見られます。

シャオペン 大阪ミヤツグ謹製試作オリジナルレザー

ミヤツグさんで購入した物ですが、バッカスの派生形を目指していたのですが思うような仕上がりにならず、吟面をアイロン仕上げにて艶出し処理をしたものになります。

前面にトラ杢があり、透明感ある染料色でパッと見ルガトショルダーに似た雰囲気があります。
イメージ 14
イメージ 15

エイジングさせたものとそれを手で揉みこんだものの写真になります。

見ての通り、オイル化けが出るので、使えば使うほど自分だけの革へと変化します。なかなかに面白い革です。

ルガトショルダー 赤

ベルギーで鞣されている、奥行きある染色で革の宝石とも称されています。

ロットによって違いがありますが、トラ杢などが見られることがあります。

イメージ 16

このエイジングサンプルは直射日光に当てたものではなく、4年ほど実使用したブックカバーとの比較になります。日光に当ててエイジングさせた場合はおそらく、もう少し茶系統の色合いが混じるのではないかと思われます。

ピット鞣し チョコ

イメージ 18

国内タンナーで作られたピット鞣しの革です。オイルなどをあまり含んでない状態で仕上げられているので、色としては薄めに写ります。

オイルアップせずに(小さい方)日にさらした方は白っぽくなりましたが、オイルアップしてから同様にしたものは少し赤みが抜けたチョコ色へと変化しました。

傾向としてはラティーゴのチョコと似た感じですが、色が薄めなのでそこまでの変化が感じにくいかもしれません。

恐らくオイルアップしてから使った方がよさそうな革です。

少し番外編

ランドセル用コードバン 顔料仕上げ コバ部分のエイジング

イメージ 9

顔料仕上げなので吟面はエイジングしませんが、床などの生成部分は色変化が生じます。

Jベイカー社 フルグレインブライドルレザー
イメージ 7
イメージ 8

吟面のエイジングサンプル写真はありませんが、床革がどんな風にエイジングするかな?と思い、一日だけ外で直射日光に出してみました。

結果、同じ革か?というくらい変化します。試験した方もびっくりです。これ見ると、別にコバを染色せずとも良いような気がします。

革としては非常に丈夫ですが、このタンナーさんは質の良い革=しっかりと成長させて、密な皮で、しっかりと鞣して作る、という考えがあり、この基準に吟面の状態というのが含まれていません。

そのため、よくキズやムラがあるのですが、それでも入手困難なほど支持されているのは、やはり質が良いからだと思います。ここまで色が変化するのも、皮から革にするまでに、通常のブライドルレザーよりも長い時間かけて(約一年半ほど時間がかかるそうです)鞣しているから。

こんな紹介ですが、また革が増えたら追記してゆくので、たまにご覧ください。

色々とレザークラフトで作ったものやたまに掘り出し物なども出していますので、よろしければご覧ください。こちらのリンクはヤフオク
出品中一覧へとリンクしています



2018/8/29 追記

革の硬さに関してご質問があり一時的に掲載しております。

革の硬さは繊維が締まっている物ほど硬くなります。また、そこから仕上げに空タイコでこなしてシュリンクさせたり、オイルを含ませると徐々に柔らかい風合いになってきます。

逆にロウ分などを含ませて、グレージング処理などをすると硬く仕上げることもできます。

さらに革の厚みをどれぐらいに漉くかによっても硬さが変わります。ですが薄く漉いたとしても元の革が硬い革だと慣れるまでに曲げに対する反発力が強いという形になります。

ですので一番硬いのから、ブライドルレザー>ピット槽鞣し 素上げ>ピット槽鞣しに各種仕上げをした物=ドラム鞣しのサドルレザー>ドラム鞣しでオイル仕上げなどの物となります。

手持ちの革の一部を元厚だとして並べると、トーマス社ブライドルレザー・栃木サドルレザー系>姫路革・栃木レザー 素揚げ渋緑>栃木レザー オイルシュリンクキャメル・サドルレザー マットブラウン>プルアップレッドといった感じです。

上記の革は一部だけ挙げているので、それぞれに当てはまる革は他にもたくさんありますが、同時に漉いた厚みによっても変わってきます。

例えば、栃木サドルのネイビーは一番硬い部類ですが、現在は厚みを1mm厚に漉いているのでハリがありながらも巻きやすい硬さになっていたりします。

姫路革の物より少し柔らかいとなると今手持ちのだと栃木オイルシュリンクキャメル(2.3㎜ or 1.5㎜)、栃木サドルネイビー(1.0㎜)、シャオペン(1.6㎜)あたりです。

栃木オイルシュリンクは厚みの割に空タイコでこなしてオイル加工などがしてあるため柔らかい風合いになっています。

また、栃木サドルは元厚だとかなり硬いですが、薄い為に巻きやすいです。(ただし姫路革と大幅に変わるほど柔らかいほどではない)

シャオペンは硬めですが、プルアップ、アイロン仕上げのためサンプルのように曲げるとすぐにクセづいていくので慣れやすいということで上げさせていただきました。

他にご質問あればこのブログのコメントから内緒にレ点入れて送信いただければ、製作者のみ閲覧することもできるのでご利用ください。

それでは。