今回はいつものロールペンケースのカスタムのご依頼品です。

IMG_5632

使用したのは栃木レザー オイルヌメ キャメル、縫い糸はビニモMBTです。

この革はThe革と言いたくなるような革らしい革です。オイルをしっかり含んでいるので厚みがありながらも曲げやすく、クセづきやすい物となっています。

パッと見た目はいつものペンケースなのですが、サイズと内装にカスタム化されています。
外装の状態です。曲げた際のオイル化けで色の濃淡が出ています。

IMG_5635

内装の状態です。見ていただいて分かるように、フラップの形状と縦側の長さが通常よりも長くなっています。

通常品は外寸で19cm、中に16.5cmの万年筆を納めるサイズで製作しています。

今回は鉛筆を入れておくという事で最大長さが18cmほどになるという事で外寸サイズを21cmに大型化しています。

IMG_5637

フラップも長さを大きくしているのでいつも通りの形状だと捲るのにちょっと大がかりです。

ですので今回は分割式にしています。依頼者のご希望で部屋ごとのフラップ分割になったので4分割式です。

ちなみにフラップは新品のうちは上げてクセづけるとしばらくはそのまま立ってくれています。

部屋は約45cm巾の4室構造で、一部屋に3本は入ります。最初のうちは入れるのにきつく感じますが、革が慣れやすいので、使えば使うほどに使いやすくなってくると思います。

IMG_5639

こちらは17.5cmの鉛筆を入れています。この状態でフラップの分割部分まで1cmの余裕があり、縫い糸までだとさらに5mm位の余裕があるのでかなり長い鉛筆でも入るかと思います。

IMG_5641

フラップを下ろした状態です。中の鉛筆がわずかに見えるのでどこに入っているかの判別ができます。

IMG_5643

実は今回は納期が非常に短く突貫作業でした。しかし、革が質の高い革だったのでコバ磨きなど通常は時間がかかる作業が短時間で終えたので、何とか間に合いました。

良い革と言うのはコバを磨くとすぐに仕上がってくれます。磨いた後にレザーフィックスで処理をしています。

IMG_5649

この革の醍醐味はなんといってもエイジングの楽しみです。

IMG_3880

ご覧のように色変化が大きく、また質感も柔らかくなってきます。

革製品というのは手に入れた時が始まりで、そのあとに自分で使っていって成長させ完成させていく楽しみがあります。

ぜひご依頼者の方にも自分だけのペンケースに成長させていただきたいものです。

こちらはご依頼者の方に連絡を取って、その後に納品となります。

カスタムオーダーは内容によっては追加料金が発生しますが、既製品やメーカーの物と比べるとかなり抑えた価格になっています。興味のある方はメッセージよりご相談いただければメールにてご返信いたします。

納期は通常の仕事などもあるため1~2週間程度とお考えください。

この後はこの製品のために納品を伸ばしていただいたオーダー依頼の製作を進めなければなりません。

もうほぼ完成になっていますが、最後の加工が待っていますので頑張っていきます。


色々とレザークラフトで作ったものやたまに掘り出し物なども出していますので、よろしければご覧ください。

また、出品予定もしくは出品中の物はブログからご連絡いただければ、直接販売もできますので、ご希望の方はどうぞ。



それでは、また。